陰部 におい

MENU

デリケートゾーンのにおい対策に


▼超オススメ!!


アンボーテ


[ アンボーテの公式サイトはこちら ]




▼生理中やいざという時に!!


フロプリー


[ フロプリーの公式サイトはこちら ]


 

 

陰部のにおいは何が原因?

女性にとって陰部のにおい、デリケートゾーンのにおいというのは気になるところですよね?

 

特に恋人がいる方などは、あそこの臭いというのは女子にとっては一大事です。

 

もともと女性は男性と比べ生理などがあったりと臭いがしやすい環境であることも要因の一つです。

 

特に生理中というだけで臭いを気にされる女性は多いと思いますが、生理という理由以外にも、生理用品であるナプキンや下着が締め付けられることで陰部がムレてしまい臭いの原因になったり、生理の際の出血に含有されるタンパク質やアカなどがたまって雑菌が繁殖してしまうことが大きな要因となっているようです。

 

そうでなくとも、女性の陰部は雑菌が繁殖しやすい部分でもありますので、気を使わないとすぐに臭ってしまう場所であるということも忘れてはいけません。

 

すぐに出来るにおい対策として、生理中はこまめにナプキンを交換するようにしましょう。

 

また、コットンなどの通気性の良い下着を着るということもにおいを防ぐポイントの一つです。

 

他にも、スキニーと呼ばれるタイトなジーンズやパンツは締め付けの原因となってしまい、臭いの原因となったりもしますので、デリケートゾーンを気にされる方は避けた方が無難と言えるでしょう。

 

陰部のにおいの原因としてですが、食べ物が大きく関わっていると言われています。

 

たとえば、にんにくなどの臭気の強めの食べ物を食べた場合は、体から体臭として臭うと言われております。

 

臭いが放たれる部分としては体全体からなのは勿論なのですが、特に陰部からは臭いが出やすいと言われています。

 

男性も同じことが言えるのですが、特に女性の場合は陰部から臭いが出やすい構造となっているので臭気の強い食べ物を食べる際には注意が必要と言えるでしょう。

 

他にも、お風呂やスポーツをした時、辛い食べ物を食べた時などの汗をかいた時や、体調が悪い時もにおいが強くなる傾向にあると言われています。

 

このように、普段の私たちの生活の中には陰部のにおいに対して影響があることがたくさんあることがお分かり頂けるかと思います。

 

仕方のないことも多々あるかと思いますが、それでも気をつかうのと使わないのとでは全然違いますので出来るだけ気をつかうようにしましょう。

 

具体的には、生理中はこまめにシャワーやトイレのビデで洗い流すようにしたり、睡眠不足など生活のリズムが不安定な時もにおいが出やすくなっている状態と言えますのでそういう部分も気を使いながら生活するようにしてみて下さい。

陰部のにおいは体質・病気が原因の場合もある

陰部のにおいは体質・病気が原因の場合もある

 

陰部のにおい…しっかり気をつけているのに何をやっても臭いがひどい…。
そんな女性の方もいらっしゃることと思います。

 

そういう女性は、自分の陰部が臭いというのを知っていますから、男性に奥手になってしまったり、頑なに性交渉を拒んだりし男女の仲がうまくいかなかったり、恋人が出来なかったりする傾向にあるようです。

 

確かに、自分の陰部、あそこのにおいが臭いと分かっていたら、その部分は隠しておきたいと思うのは当然のことだと思います。

 

実際に男性からしても、陰部のにおいというのはかなり女性を評価する上でかなり重要な要素のようです。

 

…そんなことを言われても、どんなに気をつけても陰部のにおいが改善しない、臭い…という女性はいらっしゃると思います。

 

そういう女性ですが、もともとの体質や病気という場合も考えられますので、普段の生活で気をつけているにも関わらずにおいが改善しないようであれば他の方法を試す必要がありそうです。

 

その兆候としては、おりものの量が多くなったり、また、おりものの色自体が黄色っぽくなっていたり、粉チーズのようにボロボロとした状態で下着などに付着していたりする場合は病気であることを疑った方が良さそうです。

 

但し、病気ではなく体質である場合もありますので、自分で判断せず、必ず病院などで診てもらうようにしましょう。

 

病院より薬が処方され、その薬で臭いが改善したという女性の方もいらっしゃいます。

 

しかし、病院に行ったが病気ではなく、それなのに陰部のにおいが強い、臭いという方は病気ではなく体質だと考えた方が良いかもしれません。

 

じゃあ体質で陰部が臭いという場合は諦めるしかないのか…というとそうではありません。

 

事項で体質による陰部のにおい、あそこが臭いという方の対策方法をご紹介しましょう。

体質で陰部のにおいが臭い方の対策方法とは

あそこのにおいが臭い方で、普段の生活を気をつけていて、更に病気でもない方の場合はどのようにして臭いを改善すれば良いのでしょうか?

 

その対策方法として最もおすすめと言えるのが、陰部、あそこのにおいが臭い方を対象とした化粧品を使用するということが挙げられます。

 

いわゆるデリケートゾーンの臭い対策の化粧品です。

 

そんな化粧品があるの?と、存在自体を初めて知られた方も多いのではないでしょうか?
女性は見た目の美しさはもちろん、こういった目に見えない部分の美しさもしっかりとフォローしてくれる化粧品が今はあるんです!

 

陰部という場所が場所ですので、なかなか薬局ではお買い求めにくいという物でもあります。

 

そういう意味ではこうしたインターネット上でお買い求め出来れば、誰にも知られることなく購入することが出来るので、ネット上で人気のある評判の高いデリケートゾーン用の化粧品を買うというのは非常に良い方法と言えるのではないでしょうか。

 

デリケートゾーン関連の商品は色々なものがありますが、当サイトで現在ネット上に出回っているデリケートゾーン関連の商品を調査した結果、以下の商品が非常に評判が良いということが分かりましたのでご紹介させて頂きます。

陰部はにおいや黒ずみが気になるからといって洗いすぎないで下さい!

陰部はにおいや黒ずみが気になるからといって洗いすぎないで下さい!

 

よく勘違いされる方法として、陰部のにおいや黒ずみが気になるからといって洗い過ぎてしまう方が多いということです。

 

汚れたら洗うという行動を起こすのは当然のことと言えますし、そうすることで汚れが落ち、臭いも落ちるのが当たり前のことですよね。

 

ですが、陰部・あそこに限ってはそうであるとは言えないのです。

 

陰部はデリケートゾーンと言われるだけあって、体の中でも非常にデリケートな部分の一つです。

 

例えば、手の平に墨汁が付いてしまい、黒い墨が取れるまでゴシゴシ洗うことは出来ますが、もしも墨汁が陰部に付いてしまってもゴシゴシは洗えませんよね?

 

非常に弱いところでもあるのでゴシゴシは洗えないのです。

 

…というより、陰部に墨汁が付いてしまうということはほぼ有り得ないと思いますが…。

 

ちょっと話が逸れてしまいましたが、とにかく陰部に限っては洗い過ぎは逆効果になってしまうということです。

 

普段使っているボディーソープや石鹸などは洗浄力が強過ぎて、陰部には不向きであるということが言えます。

 

しっかりと洗う意味では、デリケートゾーン用の石鹸を使用した方が良いと言えます。

 

当サイトでご紹介しているようなデリケートゾーン用の石鹸がおすすめですので、是非この機会に使用されてみて下さい。

 

使い続けることによってにおいが改善されることは勿論、黒ずみも改善されるようになられる方も多いようです。

 

あそこのにおいが気になっていて何か良い方法が無いか探されていた方は是非デリケートゾーン用の石鹸を使用してみて下さい。

 

デリケートゾーンのにおい対策に


▼超オススメ!!


アンボーテ


[ アンボーテの公式サイトはこちら ]




▼生理中やいざという時に!!


フロプリー


[ フロプリーの公式サイトはこちら ]


陰部のかぶれや痒み対策

陰部(デリケートゾーン)がかぶれたり痒くなったりしてしまう方は意外に多いようです。
誰にも相談しにくいことですし、病院を受診するほどではないけれど悩んでいるという方もいらっしゃるでしょう。

 

陰部のかぶれや痒みの原因としては、おりものなどの分泌物が古くなってこびりつく恥垢がたまってしまうことや、汗などで蒸れやすいことなどが挙げられます。
また、陰部には排泄物やトイレットペーパーのカスなどもつきやすいため雑菌が繁殖しやすい環境です。

 

このような理由により、陰部にはかぶれや痒みが起こりやすいのです。

 

また、生理中に陰部のかぶれや痒みが発生してしまうという女性はとても多いようです。あるアンケートによると、実に8割前後の女性が生理中のかぶれを感じているとのこと。
悩んでいるのは、あなただけではないんですよ!

 

どうして生理中にかぶれや痒みなどが発生しやすいかというと、生理用ナプキンに使われている化学繊維や、香りづけのために使われる化学成分などが刺激となってしまうからなんだそう。
それに加えて、ナプキンに吸収しきれない経血や汗が陰部に触れることによって刺激になってかぶれや痒みが出るというケースもあるようです。
さらに、ナプキンを付けたまま長時間椅子に座ったり、歩いたりすることによってこすれて刺激になることもあるでしょう。

 

このように女性の陰部はかぶれや痒みなどが起こりやすい条件が揃っているのですが、あまりにもひどく痒い場合などには病気が隠れている可能性もあります。
白いカス状のおりものが出る、緑や濃い黄色のおりものが出るという場合や、おりもののにおいがいつもと違うといった場合には注意が必要です。

 

では、陰部のかぶれや痒みにはどのように対策をしたらよいでしょうか。
次に挙げるようなポイントを実行してみて下さいね!

 

・生理中は、ナプキンをこまめに交換する
ナプキンがあまり汚れていない場合、まだ交換しなくても大丈夫かな?と思ってしまいますよね。ナプキンも機能の良いものやデザインのかわいいものは比較的高価なので、汚れていないのに取り換えるのはもったいないという気もします。

 

しかし、たとえ経血で汚れていなくても、長時間付けていたナプキンは汗などを吸い込んでいます。
そのままにしておくと、どんどんと雑菌が繁殖し、かぶれや痒みの原因となってしまいますよ!
汚れていなくても、できればトイレに行くたびに交換したいものですね。
生理用ナプキンだけでなく、おりものシートも同様です。こちらも一日に数回交換するのが望ましいでしょう。

 

・清潔に保つ
汗や蒸れ、雑菌の繁殖などが原因でかぶれや痒みが起こるため、雑菌を繁殖させないように陰部は清潔に保ちましょう。

 

・通気性の良い下着を身に着ける
かわいい下着を身に着けたいというのが女心ではありますが、これからはデザインだけではなく通気性の良さも重視して選びましょう。
特にサニタリーショーツは一部が防水加工などになっているものもあり通気性が良くない場合がありますので注意したいですね。

 

・免疫力を下げないようにする
疲れがたまっていたり体調が良くなかったりすると、陰部にも雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。ですから常に免疫力を付けておきたいですよね。
きちんとした睡眠をとる、ストレスをためない、栄養バランスの整った食事を心がけるなども大事になってきます。

 

陰部のかぶれ、かゆみ対策としてまずはこれらの事を見直して見てくださいね。

陰部にもニキビが出来る?

なんだか陰部にニキビのようなものがポツッとできているんだけど、これは何だろう?とお悩みの方もいらっしゃるかもしれませんね。
でもそんなことは友達にもなかなか聞けないですし、一人でもやもやしてしまっている方もいらっしゃるでしょう。

 

実は陰部にも、ニキビのようなものができることがあるようです。
これは陰部の毛穴に菌が入ってしまった時などにできる「毛嚢炎」というものです。
ニキビと同じようなものなのですが、ニキビの原因となる菌がアクネ菌であるのに対し、陰部にできる毛嚢炎の原因となっている菌は黄色ブドウ球菌や緑膿菌などです。

 

この陰部のニキビのようなもの(毛嚢炎)ができてしまうのにはいくつかの原因があります。
・尿や恥垢などによるもの
・ナプキンや下着などの締め付けによるもの
・陰部の蒸れや刺激など
・ストレスなど
・アンダーヘアの処理などの時に毛穴が傷ついたことによるもの

 

これらのことが原因となり、陰部に毛嚢炎ができてしまいます。

 

毛嚢炎はニキビと同じような状態ですが、具体的にはしこりができたり膿をもったりという状態になり、痛み、痒みなどを伴います。

 

毛嚢炎を予防するためには、上に挙げた原因となる事を取り除くのが有効でしょう。
具体的に対処法を見ていくことにしましょう。

 

・通気性の良い下着に変える
とにかく通気性の良さを重視しましょう。綿素材が最適と言われています。
これにより締め付けや蒸れなどが軽減されるはずです。
また、下着だけではなく衣服も通気性の良いものが望ましいでしょう。締め付けの強いボトムスなどを履いていては、せっかく通気性の良い下着を身に着けてもあまり意味が無くなってしまいます。

 

・布ナプキンを使用する
生理用ナプキンが原因の場合には、布ナプキンを使ってみましょう。
布ナプキンは多くが綿素材でできていますし、まるで普通の下着を付けているような感覚で過ごせるといいます。
布ナプキンに抵抗がある方は、コットン素材の生理用ナプキン(紙ナプキン)を選んでみましょう。

 

・タンポンを使用する
生理中の蒸れや締め付けを防ぐために、タンポンを使用するのはいかがでしょうか。ナプキンで擦れたり蒸れたりすることがなくなるため、快適に過ごせるでしょう。
かぶれや痒みが気になる方にも有効です。

 

・下着、生理用ナプキンをこまめに交換する
なるべく清潔を保てるように、可能ならば下着はこまめに交換しましょう。
もちろん、生理用ナプキンのこまめな交換も必須ですよ。

 

・アンダーヘアの処理はサロンで行う
毛嚢炎は、アンダーヘアを自己処理することによってもできやすくなるといいます。
安全、清潔を保つためにも脱毛サロンなどで脱毛をすると良いでしょう。

 

もしすでに毛嚢炎ができてしまっている場合には、市販の軟膏やデリケートゾーン専用の治療薬などを使ってみましょう。
そのうえで清潔を保ち、通気性の良い下着、衣服を身に着けていれば徐々に改善をしていくはずです。

 

もしそれでも改善が見られない場合は、婦人科等を受診しましょう。

陰部を洗いすぎるとダメ?

 

陰部のにおいは何が原因?

 

陰部のにおいなどが気になって、お風呂に入るたびに毎回ごしごしとよく洗っているという方も多いでしょう。特に夏などは汗もかきやすいですし、きちんと洗わないと不安だという方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

しかし実は、陰部に関してはあまり洗いすぎないほうが良いらしいのです。

 

でも、それじゃ汚れが落ちないかもしれないし、においも心配。なぜ洗いすぎちゃいけないの?と疑問に思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

普段私たちが使っている洗浄力の高い石鹸やボディソープには、界面活性剤が多く含まれています。その界面活性剤は刺激が強いため、陰部にトラブルを発生させてしまう可能性があるのです。
敏感肌の方は陰部も敏感肌である可能性が高いため、より注意しなければなりません。

 

そのうえ膣内までしっかりと洗いすぎてしまうと、膣が本来持っている自浄作用が働かなくなってしまい、殺菌力、抵抗力が弱まってしまいます。
その結果余計に雑菌が繁殖しやすい環境になってしまい、においや肌トラブルなどが発生しやすくなってしまうのです。

 

清潔にしなければ!と思って一生懸命洗っていたのに、それが結果的にトラブルを発生させていたとなるとショックですよね・・・。

 

このような事はなかなかテレビや雑誌などでも紹介されないことですし、知らなかったという方も多いのではないでしょうか。

 

では、陰部を洗いすぎずに清潔を保つにはどうしたらよいのでしょうか。

 

まず、陰部を洗う時には陰部専用の石鹸やボディソープを使用しましょう。
専用なのでデリケートな陰部に刺激を与えずに洗い上げることができますよ。
なかには陰部の黒ずみ対策に有効なものなどもありますので、ニーズに合わせて選んでみましょう。

 

実は欧米では、デリケートゾーン専用のソープを使う事はもはや当たり前となっているようです。

 

そして、洗う時にはゴシゴシこすらずに優しく洗いましょう。
陰部のお肌は皮膚も薄いですし非常にデリケートです。いたわるように洗うのが望ましいです。

 

デリケートゾーン専用のソープを手に入れるまでの間は、とりあえず洗浄力の強い石鹸やボディソープはやめ、お湯で優しく洗い流しましょう。
それでは汚れもにおいも心配!という気持ちは分かりますが、洗いすぎによるトラブルを招かないためにも実践してみて下さいね。

 

先ほども触れましたが、膣内まで洗ってしまうことも厳禁です。
膣内を洗うと膣内を酸性に保っている乳酸菌まで洗い流すことになってしまい、自浄作用が弱まってしまいます。
専用のビデなどを使用する場合も、あまり頻繁に行わないほうが良いとされています。

 

今まで、よーく洗わないと汚れもにおいも取れないと思ってごしごし洗っていた方は、洗いすぎが良くないと聞いて驚いたのではないでしょうか。

 

これからは、陰部の洗い方をぜひ見直して見てください。ボディソープや石鹸で洗わないと不安・・・という方は、刺激の強いものをやめ、専用のものを使うようにしましょう。

陰部は脱毛する方が清潔?

陰部は、脱毛をした方が清潔を保てるのでしょうか?

 

水着を着る時期には陰部のVラインを脱毛するけれど、それ以外にはあまり陰部の脱毛について考えていなかった・・・という方も意外に多いのではないでしょうか。

 

一方、夏などはアンダーヘアによって汗もこもりがちになるし、やっぱり清潔を保つためには脱毛した方がいいのかな?その場合はどうやってするのかな?などと陰部の脱毛に興味がおありの方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

結論から申し上げますと、やはりアンダーヘアは脱毛を行ったほうが清潔を保ちやすいようです。

 

欧米などでは、アンダーヘアをすべてツルツルの状態に脱毛してしまう「ハイジニーナ脱毛」ももはや当たり前のようになりつつあるといいます。

 

そう聞いて「えっ、アンダーヘアをツルツルにするの?」とびっくりした方もいらっしゃるのではないでしょうか。
日本ではまださほどハイジニーナ脱毛が主流になっていないため、驚かれる方も多いと思います。

 

日本の場合、全くのツルツルの状態だとやはり温泉などで周りに驚かれてしまう可能性もあるため、程よくアンダーヘアを残すのが主流のようです。

 

脱毛の方法としては、陰部は自分で脱毛するのが難しいため、脱毛サロンなどでVIO脱毛を受けると良いでしょう。
ちなみにVIOのVはビキニライン周辺(三角のゾーンをすべてと定義するサロンもあるなど、サロンによって定義はまちまちのようです。)Iは性器の周辺、Oは肛門に周辺の毛となります。

 

では、陰部の脱毛には具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

やはり蒸れにくくなるため、衛生的で清潔を保ちやすくなります。そのうえ生理の時とても楽になるそうですよ!
アンダーヘアには通常、汗や経血、おりもの、排泄物などがどうしても付着してしまいます。それを防げるわけですから、今までよりも格段に清潔が保てそうですね。

 

他にももちろん、水着や下着からはみ出さないため、水着を着る前に処理を行わなくてよいというメリットが挙げられるでしょう。

 

しかし、いくつかのデメリットもあるようなのです。
陰毛が無くなる事によって生理用ナプキンに直接肌が当たるため、以前よりかぶれを起こしやすくなってしまったというケースもあります。
さらに、以前よりも冷えが悪化したというケースもあるようです。

 

冷えに関しては何とか対策ができそうですが、ナプキンに当たってかぶれがひどくなるというのは嫌ですよね。
それを避けるためには、よくサロンとカウンセリングを行ってある程度毛を残してもらうという方法が望ましいのではないでしょうか。

 

陰部の清潔を保ちたいというのは、多くの女性の願いでもあるでしょう。
清潔を保つ方法には色々とあると思うのですが、アンダーヘアを脱毛することは陰部を清潔に保つうえでかなり有効な方法です。

 

この機会に、脱毛サロンなどでのVIO脱毛をお考えになってみるのはいかがでしょうか。
近い将来、欧米のように日本でもVIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)をするのが当たり前の時代がやってくる?かも知れませんよ!

陰部の洗い方

突然ですが、皆さんはいつも陰部をどのように洗っていらっしゃいますか?
なかなかこういったことって、友達同士でも話さないことですよね!

 

特に何も意識せず、ボディソープ付けてゴシゴシ洗ってたけど?という方もいらっしゃるでしょうし、なかにはネットなどで調べて正しい洗い方を身に着けている方もいらっしゃるかもしれません。

 

陰部の洗い方に関しては、雑誌やテレビなどの話題としても取り上げにくいものですから、あまり今まで聞いたことが無かったという方も多いはずです。
ましてや親御さんや友達から洗い方を指導されるといったことも少ないのが現実ではないでしょうか。

 

しかし、陰部は女性にとって大事な場所ですし、きちんとした洗い方を知っておく必要があります。

 

女性の陰部は非常に複雑な構造をしており、入り組んでいます。そのため適当にシャワーを当てただけではきれいになりません。
しっかりと、しかし刺激を与えずに優しく洗ってあげなくてはならないのです。

 

それでは、詳しい洗い方を見ていくことにしましょう。

 

陰部には恥垢などが溜まりやすくなっているため、指の腹を使って爪を立てずにしっかりと洗いましょう。
陰部を洗う時には「前から後ろへ」向かって洗うように心がけてください。

 

・まず、陰毛を洗いましょう。このとき、陰毛が生えている部分の肌をやさしくマッサージするように洗うと効果的です。

 

・それからIラインの部分を内側から外側に向かって洗います。ひだ、溝などが多い構造になっていますから、一つ一つを丁寧に洗います。

 

・最後に肛門周辺を洗います。

 

このような感じで洗っていくのが望ましいとされています。
恥垢などが残っていないか、最後にしっかりとチェックしてくださいね。

 

陰部の洗いすぎは刺激の面からも自浄作用が弱まる面からも良くないのですが、陰部には脇と同じようにアポクリン腺がありますし、分泌物やトイレットペーパーのカスなどがつきやすい場所でもあります。
ですからやはり、清潔を保つのが一番なのです。

 

陰部の洗い方に関しては理解して頂けたと思いますが、洗う時に使う石鹸やボディソープも大事です。
普通の体用のものは界面活性剤による刺激が強いため、石鹸、ボディソープで洗いたいならばやはりデリケートゾーン専用のものが必須となります。

 

デリケートゾーン用の石鹸、ボディソープを選ぶなら、お悩み別に選ぶと良いでしょう。
とにかく刺激がないのがいい!という方はより低刺激のものを選ぶのが良いですし、においが気になる方は、におい対策に適したものを選びましょう。

 

今後陰部を正しく洗う事によって、もしかしたら今まで悩んできた陰部のかぶれや痒み、においに関しての悩みが解消していくかもしれませんよ!
女性特有の大事なゾーンですから、お手入れの仕方をしっかり学んでケアをすれば女子力もアップしそうですね。

 

こちらでご紹介した洗い方を参考にしていただき、ぜひ、今日から陰部の正しい洗い方を実践されてみてはいかがでしょうか。

 

 

デリケートゾーンのにおい対策に


▼超オススメ!!


アンボーテ


[ アンボーテの公式サイトはこちら ]




▼生理中やいざという時に!!


フロプリー


[ フロプリーの公式サイトはこちら ]


合わせて見ておきたいサイト